就寝前に

0


    ときめきトゥナイト番外編

    蘭世パパママのラブストーリー(*^^*)



    ときめきトゥナイトは生まれて初めて買った漫画。

    確か小1くらいの時かな。

    当時は海賊版しかなく、1冊たったの20元!

    池野恋先生の絵柄が本当に大好きでよく真似したなー。

    女の子は可愛くて髪の毛ふわふわ、

    男の子はかっこよくて優しい☆


    今晩はこれを読んでキュンキュンします♪



    明日の朝ごはんは

    ツナマヨチーズトーストにするか

    ジャムバタートーストにするか本気で悩み中。

    平和なもんだ。





    『WARASHI』

    0
      これ、会社の近くの図書館で見つけた。

      残念ながら2巻と3巻しかなかった。

      小学生の頃、持ってたんだよね〜懐かしい。

      結構好きだった。



      あと『ときめきトゥナイト』もあった。

      これは私に大きく影響与えたマンガなんだ。

      小1からリアルタイムでずっと読んでた。

      改めて読むと、やっぱり池野恋先生のその頃絵大好きだなと。

      よくまねして描いてたな。懐かしい。



      その図書館のラインナップは微妙に古臭くて

      それがちょうど私の世代と合致していて

      本当に懐かしくてしょうがない。



      あの時の引越しで、

      1000冊以上のまんがを諦めざるを得なかったのは未だに心残りです。

      もう一度、読みたいな。あの子達を。



      『淳』

      0
        評価:
        土師 守
        新潮社
        ---
        (2002-05)

        前同じ事件で亡くなった女の子の母親が書いた本を読んでから

        こちらも読みたくなって。



        だいぶ前に入手したのだけど飛ばし飛ばしで読んで

        しばらくこの本を開くことがなかった。

        あまりにも重過ぎる事件で…。



        おとといから再びこの本を手にとって最後まで読んだ。

        本の後半は、現行法律(少年法)や人権に対する疑問がメインになっていて

        少し難しかった…。正直十分理解はできなかった。



        ただ私も同じように前から疑問に思っていたことがある。

        大体殺人事件があると、

        被害者の写真、名前はとことん公表されるのに

        加害者が未成年の場合、プライバシーを守るためか

        写真も名前も公表されることはない。台湾もそう。

        加害者を公表せぇ!とまでは言わないけど

        せめて被害者のプライバシーは守ってあげたらいかがでしょうかね。




        特殊清掃

        0
          この作者のブログは10年くらい前からずっと読んでた。

          きっかけは、その当時の日本語の先生の紹介。

          未だにパソコンのブックマークに入ってて

          気が向いたら読んでいます。



          本が出たのも知ってたけど

          ブログで読んでるし買う必要性を感じなかった。

          …まさかうちの事務所の図書館でこの本を見つけるとはw

          ありがたや〜



          実はブログを長い間読んでいると、どの話も似たりよったりと感じるのは否めない。

          ただ活字になった文章を改めて読むと

          忘れかけていた何かがまた蘇って

          いろいろ考えさせられた。



          人生について、家族について。



          ”悔いのない人生を”と

          よく周りの人に言ってるし自分にもそう言い聞かせてきた。



          人生いつ何が起きるのかわからないから

          もっと一瞬一瞬を大事にして

          当たり前のことを当たり前と思わないように

          生きていかなきゃと思いました。



          とはいえ、今はこのように意気込んでいても

          時間経てば意思はだんだん薄れていくもの。

          だから、常にこの気持ちを思い出せるように

          いっぱい本や文章を読みたい。



          昨日に続き、今日も何が言いたいのかわからない文章になってしまいました。


          時々ウインクペコちゃん


          かくかくしかじか

          0
            だいぶ前に買ったマンガだが(って言っても3ヶ月くらい前?)

            時間や心に余裕ができた今やっと読む気になった。

            本やマンガを買うのも読むのも好きだけど

            内容とその時期の気分によって、

            買っておいて全然読んでないものが結構ある。

            興味なくなったわけじゃないけど、今はそんな気分じゃない。という気持ち

            あと7月に買った宝塚の雑誌や舞台のプログラムも全然読んでない(^^;)

            いつかその気になったら・・・ね。



            って全然このマンガと関係のない感想だね。

            ただ久しぶりにやっと読む気になったということが伝えたかっただけです。

            うーん。人生一度きりだから、

            できるだけ悔いのないように生きていきたいものだ。

            自分が納得するまでよく考えて、とことん悩んで、もがいて

            それで考え抜いて決めた事には突進あるのみ。

            決して振り向かない。

            失敗したとしても後悔はしない。

            後悔したら一生懸命考えてた自分に失礼ではないか。

            もちろん失敗の原因について反省する必要はあると思うが。

            考え込むのは、悪いことではないと思う。




            来週BIGな仕事を控えてる。

            とりあえず明日、出張から帰ってきた上司にしがみつきたいと思います。



            『彩花へ―「生きる力」をありがとう』

            0
              神戸連続児童殺傷事件。

              酒鬼薔薇聖斗。

              当時、台湾のニュースや新聞でも取り上げられ、大いに報じられた。

              その時中学校三年生だった(偶然にも犯人と同い年)私も、

              この事件の猟奇さ、恐ろしさに大きなショックを受けた覚えがある。



              作者の方も、この事件で大切な子供を亡くしたお母さんの1人。

              1人のお母さんが、自分の子供にどういう風にたくさんの愛を注いで育てて、

              事件の時にどんな気持ちで残酷な事実に臨んでいたのか、

              考えさせられる内容ばかり。



              本当に残念でならない。

              少し美化された部分があるかもしれませんが、この本を読んで

              亡くなった彩花ちゃんがどんな大人になるのか、会ってみたい気持ちになった。



              更に疑問に思うのは、

              犯人の少年は現在、本当に更生できているのか…?









              潔く柔く 銑

              0



                久しぶりに潔く柔くをもう一度読んだ。
                13冊あるうちの5冊しか読んでないけどね。てか5冊しか持ってない。

                友達にプレゼントされて、おすすめということで
                読んでみたら見事にハマった。

                久しぶりに読んだけど、やっぱりいい。
                絵うまいし、人物の描写も上手。心が打たれる。

                6巻以降は確か2年前に日本の漫画喫茶で読んだけど、
                内容まったく覚えてないからもう一度読みたくて台湾で買おうと思ったら
                なんと、中国語版出ていない…

                日本の漫画のほとんどは中国語版があるのに、
                こんな名作に中国語版がないとは…!

                今度日本に行くときに買うしかないけど、
                いつになることやら…





                聖☆おにいさん 銑、深夜食堂ぁ銑

                0


                  昨日同僚の付き合いで本屋行ったら、深夜食堂の4〜6巻を衝動買いしちゃった。

                  すごく考えさせられるような内容ではないが、なんだかほのぼのしてて

                  読んだら少し温かい気持ちになれる。




                  そして最近読んで面白かったのがこの「聖☆おにいさん」というイエスとブッダをモデルにしたマンガ。

                  完全にギャグマンガだけど、くだらなくて結構笑える。

                  前からよく本屋で見かけるけど絵柄は好みじゃないし、どんなストーリーでこんなに人気があるの?と

                  見かけるたびに思ってた。

                  きっかけは友達が日本で買ってきたのを読んだから。なかなか面白い。

                  まだ3巻まで読んでないが、友達が近いうち4〜7巻を調達してくるというから楽しみゆう★あひょうパンダ


                  裸足でバラを踏め ┫

                  0


                    日本にいた時ブックオフで1〜4巻立ち読みしたのがきっかけだと思う。

                    上田倫子先生は絵柄かわいいしストーリーもいいから昔から好きだけど、

                    この作品は王道少女マンガというよりも、ドロドロ昼ドラのまんが版というべきだと思うw

                    あまり新しいキャラは出ず、数人のキャラクターをめぐるストーリが延々と続く感じw

                    でもなんだかんだで読んじゃったから結果が気になる。

                    どうやら今年中で終わるらしい。

                    やっと…!!って感じ。


                    銀の匙 巻

                    0


                      1巻に続き、面白い展開。

                      作者の荒川先生はさすが農家の出身だけあって、

                      今回は牛に関するエピソードたくさんあったけど、

                      読んでて「あるあるー!!」って何度も。

                      動物を描く画力は本当にすばらしい。

                      次も楽しみだ〜


                      PR
                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      smart phone ver.
                      スマホ版
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座